ヘルニアの痛みを鎮めよう|治療が晩年の悩みを解決する

病院

腰痛から開放されるには

医者

誰でもおこる可能性がある腰痛ですが、ひどくなると椎間板ヘルニアにあります。寝ていても痛みがひどくヘルニア手術しなければなりません。医師の腕に差があるので名医に必ず相談しましょう。また手術をしなくても治る可能性もあります。

この記事を読む

痛みを軽くできます

看護師

レーザー治療が有効です

ヘルニアで多いのが腸のヘルニアである脱腸、おへそが飛び出してしまう出べそといわれる臍ヘルニア、椎間板ヘルニアです。特に椎間板ヘルニアは、慢性化しやすく、悪化すると強い痛みを伴うのが特徴になっています。患者数も多く、最終的には手術が必要なので、患者の身体への負担が大きい疾患です。ヘルニアは、臓器が本来あるべき部位から飛び出た状態になっていて、その突出した部分が神経を圧迫して激しい痛みを引き起こします。治療法としては、突出部分を押し戻したり、切除したりする方法が一般的で、手術による切開を行うために入院が長期化する傾向がありました。近年では、レーザーを照射して突出部分を蒸発させる治療が行われるようになり成果を挙げています。

負担が少ない治療です

レーザー治療は、患者の負担を軽くする治療法として注目されています。仙骨ブロックなどの手術以外の治療で、効果が得られなかった患者にも有効で、短時間で行える治療法です。軽度の場合、日帰りでの手術も可能なので、患者への身体面での負担が少なく、治療費用も抑えられる点が大きなメリットです。椎間板そのものに針を刺して、そこからレーザーを放出し、ヘルニアを根本的に消失させます。しくみとしては、椎間板にレーザーがあたると小さな空洞ができ、この空洞をなくすために椎間板が萎縮するので、突出部分が引っ込みます。痛みの原因がなくなるので、どんな姿勢を取っても、時間が経っても、再発の心配がないことも特徴です。レーザー治療は、ヘルニアに有効な治療法です。

関連サイト

  • JOH&PARTNERS

    体のトラブルを早めに発見しておこう。大阪で健康診断を依頼するならココへ。先ずは予約をしておくことが重要ですよ。

頚椎や腰椎に起こる疾患

花

椎間板ヘルニアは主に頚椎と腰椎に起こります。初期症状は痛みや痺れだけですが、放置してしまうと全身に症状が及びます。最近多く行われている治療法は内圧を減らすレーザー治療です。手術に抵抗を感じる人、高齢者、忙しい人などを中心に需要が高まっています。

この記事を読む

椎間板の中身が出る

女性

頸椎椎間板ヘルニアは推体と推体にある椎間板がつぶれてしまって、中身が神経を刺激したり圧迫したりして起こります。ほとんどは保存療法で症状が治っていきますが、生活に支障が出るような症状が出た時には手術も検討することになります。

この記事を読む

Copyright© 2016 ヘルニアの痛みを鎮めよう|治療が晩年の悩みを解決する All Rights Reserved.