ヘルニアの痛みを鎮めよう|治療が晩年の悩みを解決する

病院

頚椎や腰椎に起こる疾患

花

治療法の種類

脊椎と脊椎の間には椎間板が存在します。そして、椎間板が正常な位置から突出した状態のことを椎間板ヘルニアと言います。頚椎に発生したものを頚椎椎間板ヘルニア、腰椎に発生したものを腰椎椎間板ヘルニアと言います。椎間板ヘルニアの治療法は様々です。頚椎と腰椎どちらの場合であっても、最初に選択されるのは主に保存療法です。その後の症状によって治療法がわかれます。従来、最も多く行われていた方法はラブ法切開手術です。全身麻酔下で髄核の一部もしくは全体を取り除くものです。その他、椎間板を切除し人工骨などを移植する手術、椎間板の内圧を減らすレーザー治療、内視鏡による摘出手術などがあります。近年最も行われている治療法はPLDDと呼ばれるレーザー治療になります。

適切な時期に適切な治療を

椎間板ヘルニアは頚椎と腰椎で症状が異なります。頚椎椎間板ヘルニアは40歳から50歳代に多いと言われ、首や背中の痛み、肩こり、腕の痺れや痛みなどが起こります。腰椎椎間板ヘルニアの場合30歳から50歳代の男性に多いとされ、腰痛、坐骨神経痛、下肢の神経障害などが起こります。治療をせずに放置してしまうと、全身に症状が及び、排尿排便障害や歩行困難などの引き起こしてしまいます。そのため、適切な時期に治療をうけることが大切となります。今現在最も盛んに行われているPLDD法は、手術のように身体を切開する必要がないレーザー治療です。椎間板の中央にレーザーを当て空洞を作り、椎間板の圧力を弱めます。内圧が減るとヘルニアの症状は緩和されます。切開手術に不安を感じる人や全身麻酔に抵抗がある人、体力のない高齢者などにはレーザー治療の需要が高くなっています。また、手術時間が短時間であることや入院期間も短いことなどから、忙しい人からの需要も増えており、これからも増加傾向にあるだろうと予測されています。

Copyright© 2016 ヘルニアの痛みを鎮めよう|治療が晩年の悩みを解決する All Rights Reserved.